スタディサプリEnglishは最低3日おきには勉強しよう!Lv2 020

スポンサードリンク

習慣にするポイントは、「3」

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も「スタディサプリEnglish」でしっかりお勉強にいそしみました!すっかり習慣化できているように思えます。

 

ところで、新しい習慣を身につけようとするときには、「3日」「3週間」「3ヶ月」という3つの大きな山があると言われています。

「3日坊主」という言葉に象徴されるように、「3日」は習慣化する上で最初に立ちはだかる、もっとも大きな障害でしょう。

その3日を無事乗り切った後にやって来る次の大きな山は、「3週間」です。3週間ずっと続けることができたら、ほぼその習慣は身についてきていると考えて良いそうです。そういえば、ビジネス書で『3週間続ければ一生が変わる』なんていうタイトルの本がありましたね。

そして、「3週間」を乗り越えた後に訪れる最後の大きな山は、「3ヶ月」です。ここまで来たら、もう完全に自分のもの。完全に自分の生活に溶け込んでいて、もはや、それをやらないことが気持ちが悪い、という域に達しているはずです。

 

『3週間続ければ一生が変わる』の著者の表現を借りれば、

「新しい習慣は、新しい靴に似ています。最初の2、3日は、あまり履き心地がよくありません。でも、3週間くらいたつと慣れてきて、第二の皮膚のようになるでしょう。」

とのこと。ものすごくわかりやすい例えですね。

 

私も「スタディサプリEnglish」という靴が、かなり足になじんできたように感じています。

 

「スタディサプリEnglish」で日本の文化も学んじゃおう!

 

スポンサードリンク

 

今日、「スタディサプリEnglish」で取り組んだのは、レッスン20。テーマは「日本文化は奥深い」です。

学ぶポイントは、「昔の日本人や日本の文化について、簡単に説明することができる」。

メアリから日本文化について質問攻めにあっているリクくん。日本のことって、知っていそうで実はあんまりわかっていない日本人って、かなり多いと思います(私もそのひとりです、はい)。でも外国の人たちは、容赦なく質問の雨あられをぶつけてきます。しかも、予想の斜め上のところから、「え!そこ?」と日本人にしたら不思議に思いそうな意外なところに興味を示す人もたくさんいるから大変です(;’∀’)

メアリは、リクくんにとって、初恋の相手の女の子です。良いところを見せて、「さすがリクね♡」と思われたいもの。何を聞かれても「わからない」「知らない」とは答えたくないですよね。

メアリにはリクくんに、前回のレッスンでお寿司屋さんで使われる「秘密の言葉」に関していろいろ質問していました。

お寿司屋さんで“agari”、”murasaki”などという耳慣れない単語が飛び交っていたので、それらがとっても気になった模様です。“agari”は「緑茶」のことで、そして”murasaki”は「お醤油」のことを指すんだよ、と次々と説明しています。好奇心旺盛なエマの質問攻勢にきちんと対応できているリクくん。恋のパワーは、さすがですね♡

 

What is kappa?


 

そして”kappa”という単語に食いついたメアリ。

 

 

急に、「カッパ」について教えて、と言われても、正直、ふつうは答えに詰まっちゃいますよね。私ならアワアワするだけで、「えーと、えーと・・・カッパは、あの、そのー」としどろもどろになるのが関の山です。アドリブにとっても弱い、情けない私です(;^ω^)

 

 

そんな私とは対照的に、カッパについて、そしてカッパとキュウリの関係についても、しっかりと答えることができたリクくん。きっとかなり株が上がりましたね♡ I’m happy for you, Riku!と、またもや気分はリクくんのお母さんです(笑)

それにしても、「スタディサプリEnglish」は英語だけでなく、日本文化まで学べてしまって、一挙両得ですね。

お得感バッチリです。ホクホク(^^)

 

カッパといえば、以前、外国人から日本についてよく聞かれる質問とその答え方を集めた本を購入したのですが、そこにも、

 

” What is kappa?”

 

という質問がのっていたのを今思い出しました。

外国の方は、どうしてそんなにもカッパに興味があるのでしょうか(;^ω^)

 

 

その本では、この質問にどう答えれば良いのか、何種類もの回答が用意されています。

その中で私が興味を引かれた回答が、

 

“They can be said to be similar to mermen.” (男の人魚に似ていると言えるかもしれない。)

 

というものです。

”mermen”というのは”merman”の複数形ですが、この”merman”って「男の人魚」っていう意味なんですね!

“mermaid” (マーメイド=女の人魚)は知っていましたけど、”merman”っていう単語は、私はこの回答で初めて知りました。maidにあたる部分がmanに置き換えられて性別が替わるんですね、ふむふむなるほど!

っていうか、男の人魚というのもいるんですね。なんだかピンと来ないというか、あまり想像したくないというか・・・。あ、でもイケメンの人魚なら、やっぱりアリかも(笑)

 

今日のレッスンの中で、リクくんがカッパとキュウリの関係についてメアリに教えていましたが、ちなみに「カッパ巻き」のことは英語では、”roll of cucumber”と言います。”cucumber” は、「キューカンバー」のように発音します。アクセントは「キュ」に置きます。

 

書店の語学書コーナーに行くと、2020年の東京オリンピックを控えていることもあるのか、外国人に日本のことを英語で教える、といった類いの本がとってもたくさん置いてあります。

一冊気に入ったものを買って、「スタディサプリEnglish」での勉強にプラスしてみるのも面白いかもしれないですね♪

 

ちなみに、通訳ガイドを長年やっている知り合いから聞いたのですが、日本に来た外国の人にとっては、「どうしてマスクをしている人が多いの?」「なぜ電車で眠っている人がたくさんいるの?」というのも、彼らから見た日本人の不思議なところだそうです。そんなところが気になるのか・・・とビックリしました。

確かに海外では、マスクをしていると怪しい人物と間違えられやすい、とも聞きます。電車で眠りこけているとスリなどに遭う危険性も高いから寝ないようにしている、というような話を聞いたこともあります。

日本人にとっては当然というか、どうでもよいようなことが、外国の人にとっては気になるんですね。

これだから異文化交流はおもしろいです(^^♪

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です