今日はスタディサプリEnglishでダイエットに関する英語のお勉強♪Lv2-181

スポンサードリンク

春は、オシャレの季節♡相変わらずスタディサプリEnglishでお勉強♪

あいかわらず順調にサクサクと進む、「スタディサプリEnglish」でのお勉強ライフ。快調快調♪

生活にハリが出て、気分も爽快。以前よりも笑顔でいる時間が多くなり、夫にも優しくなれている気がします(笑)

 

そんな中、とある日曜日の午後、ぽかぽか陽気に誘われて、久しぶりに夫と一緒にお散歩へ。2時間くらい散策していたら、偶然、アウトレットショップを見つけました。

なかなかの豊富な品揃えにウキウキしながら、私はレディースのコーナーを、夫はメンズのコーナーを見て回っていました。うーん、悪くはないんだけど、確かにお買い得のものが多いんだけど、買うほどでもないかなぁ・・・と、釣果はなさそうで、チェッ!と思いながら、メンズのコーナーにいる夫のもとへ行きました。

 

そしたら・・・出会ってしまいました!

 

 

私の大好きなカモフラージュ柄!しかもグレーベースだから上品だし、オトナスタイルでいいではありませんか!

試着してみたところ、軽くて着心地もGOOD!メンズだけど、Sサイズだからちょっと大きいだけで、サイズ的にもノープロブレムではありませんか!

しかも60%OFF!もうこれは買うしかない!

 

まさにひとめぼれ♡

“I fell in love with this blouson at first sight!” です(^^♪

 

ちなみに誰もが知っているこの、“fall in love with ~” っていうフレーズは、人に対して恋に落ちる、っていうときだけではなく、このようにモノに対しても使えるのです。

ここ1年以上、お洋服を買うお店といえば、ユ〇クロや、し〇むらあたりのプチプライスショップばっかりだったので、久しぶりにちょっとだけ贅沢なお買い物ができて(しかも60%OFF!)、もうホクホクです♪

 

女子の永遠のテーマ、ダイエット☆

 

スポンサードリンク

 

今日取り組んだのは、レベル2のレッスン181。

新しい服を買ってテンションが上がっているので、いつもよりさらに気持ちよーく「スタディサプリEnglish」がはかどりました!

テーマは「エマのダイエット」です。自分のお腹が前よりぽっこりと出てきたことに気づいて愕然とするエマ。ダイエットを始めることを心に誓います。今回の学ぶポイントは、「ある習慣や行動をやめることを表現できる」とのこと。

 

ダイエット・・・そういえば、私もこの春こそダイエットをスタートしようと決意いていたのでした。春になって、だんだん薄着を身に着けることが増えると、冬の間に蓄積された脂肪たちが現れて恐ろしくなっております、ハイ。まぁ、明日からでいいか(;’∀’)

 

 

リクくんたちのこの日のお食事はカレーライス。リクくんのお母さんが腕を振るってつくった得意料理で、エマも大好物です。でも、ぜんぶ食べたい気持ちをグッとこらえて、

 

“・・・I had enough, thank you.” (ごちそうさまでした)

 

と泣く泣く残します。

 

そんなエマの気も知らずに、ビックリしたリクくんやハビエルたちは、次々とエマに声をかけます。

 

“Are you feeling sick?” (具合でも悪いの?)

“You left more than half of your plate.” (皿の半分以上も残してるじゃないか。)

“What’s with you?” (どうしたんだ?)

 

と、矢継ぎ早の質問攻撃。もう雨あられ状態です(;^ω^)

 

“It’s nothing.” (何でもないわ。)

 

と答えるしかないエマ。「もう、うるさいな!ほっといてよ!」っていう気持ちでいっぱいなんでしょうね、きっと(笑)

このくらいの年頃の男の子たちは、ダイエットなんてまったく無縁な人が大半ですもんね。たっくさん食べても全然太らない、ていうか、むしろガリガリじゃない!と憎しみの気持ちを同級生の男の子たちに頻繁に抱いていたことを、今も鮮やかに覚えております(笑)

 

それはさておき、“nothing” は、「無、ゼロ」という意味は、皆さん知っているところでしょうけれど、ここでは「取るに足らないこと」という意味で使われています。

“It’s nothing.” は、「たいしたことじゃないよ」「どういたしまして」というように、お礼に対する返事としても使える便利な表現なので、ぜひ覚えておきましょう♪

 

「スタディサプリEnglish」で、やんわりと断る言い方を覚えよう!


 

 

最終的に、

 

“But I just don’t feel like eating a lot today.” (でも今日はたくさん食べる気分じゃないの。)

 

と、みんなに説明するエマ。

 

この”feel like ~ing” は、よく出てくるイディオムですね。「~したい気分である」という意味です。人に何かを勧められて、でもどうしても断らなければいけないとき、無下に断るのも失礼になりますよね。そんなときは、まずは相手の好意をきちんと受け止めてから、このようにやんわりと断ると気まずくならないですよね!

 

カレーライスをもっと食べるようにみんなから勧められたけれど、食べたくてもポッコリお腹が気になって食べられない、切ない女ゴコロ。

きっとこの時エマは、

 

“I feel like crying.” (泣きたいわよ。)

 

という気持ちだったのでは、と推察されます(笑)

 

 

「スタディサプリEnglish」ウォーキングで脂肪燃焼しよう!

 

 

さて、「スタディサプリEnglish」には、「オートリスニング」という機能も付いています。

各コースの会話文をまとめて一気に聞くことができてしまうという優れものです。各コースは240レッスンあるので、かなりのボリュームですよねー!(ちなみに一括ダウンロードするときは、Wi-Fi環境があるときにやることをおススメします)

 

春はお出かけが楽しいシーズンです。そして、薄着の季節でもあります。夏に備え、冬の間に蓄えた脂肪を燃やしておきたいもの。

そこで、「スタディサプリEnglish」の「オートリスニング」を聞きながら、ウォーキングというのはいかがでしょう?

歩きながらの勉強というのは、たいへん記憶効率が良く、スッと頭に入ってきやすいそうです。(そういえば、かの二宮金次郎さんは、マキを背負って、歩きながら勉強したことで有名ですよね。あれは働かなければならなかったという事情からおこなったものなのでしょうが、結果的に理にかなっていたのですね!)

体を動かす→体全体の血液の流れが良くなる→脳へ循環する血流量が増加する→記憶力がアップする、というメカニズムだとか。

 

英語が上達しながら痩せられて、足腰も鍛えられて・・・と、いいこと尽くしですね!

それに、お金もかからないし(←これ重要)。うん、これはやるしかありません。

では、さっそく行ってきまーす(^^♪

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です