スタディサプリEnglishのなりきりスピーキングを楽しんだ♪Lv6175

スポンサードリンク

英語で楽しむ鉄道トーク!オタクに国境はない(笑)

 

先日、このブログで外国人が驚く日本の鉄道についていろいろ書きました。

私は別に鉄子(注:鉄道好きの女性のことです)というわけではないのですが、夫がけっこう鉄ちゃん(注:鉄道好きの人間のことです)なために、ときどき夫に付き合って見ているテレビ番組があります。

 

それは、『Japan Railway Journal』という番組で、NHKのBS1で月に2回くらい放映されているものです。

 

日本の鉄道が持つ魅力や、最先端の技術を世界に向けて紹介する情報番組で、音声はすべて英語です。(不定期に日本語吹き替え版も放映されているようですが、私は見たことはありません)

ときどき、鉄道に関する技術的な専門用語などわからない単語も使われてはいますけれど、ナレーションや会話もとってもクリアな発音ですし、しかも速すぎないスピードで話されているので、英語はけっこう聞き取りやすいように思います。

英語のリスニング力を伸ばしつつ、鉄道の歴史や最新情報も学べてしまうので、英語と鉄道の両方に興味がある、という人にはとってもおススメできる番組です。この番組で鉄道に関する英語表現を学んでおけば、外国の鉄道オタクの人と話すときにめちゃめちゃ盛り上がりそうですね。オタクに国境なし!です(笑)

 

ところで、「鉄道オタク」って英語で何て言うか知っていますか?

答えは、

 

“trainspotter”

 

主に、イギリスで使われている単語です。

spotには実は「見つける」という意味があるのですが、お目当てのの電車を見つけようと線路の脇で待ち構えることから、train + spotter = trainspotter 「電車を見つける人」となり、そして、trainspotterは「電車の型式やナンバーなどを覚えたり当てたりする人=鉄道オタク」という意味で使われるようになったそうです。

 

 

そういえば、「トレインスポッティング(Trainspotting)」というイギリス映画がありましたね。ユアン・マクレガーが主演して大ヒットした作品です。そういえばこの映画が公開されたのはいつだったかな?と思って調べてみると、1996年・・・え?そんなに前だったっけ??時間の経つのはなんと早いこと・・・(*_*;

スポンサードリンク

あ、ちなみにこの映画は、鉄道関連の映画ではありません。たしかドラッグに溺れる若者たちを描いた作品でした。

めちゃめちゃ懐かしいし、英語の勉強がてら、Blu-rayを借りてきてもう一回見直してみようかな♪

「スタディサプリEnglish」を毎日続けているうちに、だいぶリスニング力もついてきたと思うので(たぶん)、今なら字幕なしでも聞き取れちゃう・・・かも??(;^ω^)

 

「スタディサプリEnglish」にプロポーズの決定的瞬間登場!?


 

 

さて、今日取り組んだのは、レベル6のレッスン175。

テーマは「プロポーズを目撃?」です。今回の学ぶポイントは、「相手の意見が的外れであることを指摘することができる」とのこと。

 

 

スポーツイベント開催に伴って立ち上げられた外国人受け入れプロジェクト。プロジェクトリーダーであるリリーの奮闘の甲斐もあって、無事に大成功とあいなりました。けれど、いろいろ不満な点も残る完璧主義すぎるリリーと、シュンくんはちょっと口論になってしまい・・・。

でも大丈夫。愛で強く結ばれている2人だから、きちんと腹を割って話し合って誤解を解けば問題なし!むしろ、雨降って地固まる、といったところですね。

 

シュンくんとリリーのそんな仲睦まじい姿を目にして、アオイやツバサ、アレックスは、「いよいよ、このタイミングでプロポーズするのでは?」と俄然、色めき立ちます(笑)

 

中でもアオイのコーフンぶりはすさまじく、

 

“Guys, I hope you are not losing sight of what could happen next!” (みんな、次に起こるかもしれないことを見過ごすつもりじゃないでしょうね!)

“I came here thinking that I might witness Shun proposing to Lily.” (シュンがリリーにプロポーズするところを目撃できるかもしれないと思ってここに来たのよ。)

 

もう、ヤジウマ根性MAXですねー。芸能ゴシップ記者も顔負け状態のアオイです (;^ω^)

 

「なりきりスピーキング」でアオイになりきってみた(笑)


 

さて、アオイが使っていた”lose sight of ~” は、「~を見落とす、見失う」という意味の慣用句で、このレッスンで押さえておくべき重要表現です。

 

 

重要表現を覚えるには、やっぱり繰り返しのアウトプットがいちばん!アウトプットには「なりきりスピーキング」を活用すべし!

ということで、「なりきりスピーキング」をポチっとすると、今回おススメされたキャラクターはもちろんアオイ(笑)

おススメされずともアオイをチョイスつもりではいたけれど、これでもうアオイになりきってみることに決定です、ハイ!(;^ω^)

 

 

ヤジウマ根性むき出しのアオイになりきるのは、とっても楽しいです。

先ほど触れたアオイのセリフを、いつも以上に、感情をこってりたっぷりとこめて演じました(笑)

 

「なりきりスピーキング」を使っているうちに、自分で言うのもおこがましいのですけれど、我ながらどんどん演技力がついて、声のバリエーションも増えてきた感があります(たぶん)。これはもう、この勢いで声優を目指すしかないかも?(^^♪

 

「スタディサプリEnglish」を続けていくことで、英語力以外の思わぬ効果まで得られて、なんておトクなアプリでしょう♡と絶賛せずにはいられない私です(笑)

 

それにしても、プロポーズの瞬間を目の当たりにするなんていうチャンスは人生においてそうそう訪れるわけではないし、アオイがコーフンする気持ちはわからないでもないのですが、フツー、実の兄のそういう瞬間を見届けたいものなのでしょうか?と、思わず冷静になってしまった私。仲の良い兄妹だとそんなものなのかなぁ、とある意味ちょっぴり羨ましくなってしまいました。

 

それはともかく、シュンくんがリリーに、いつどんなセリフでプロポーズをするのか、その行く末が気になって仕方がない私は、ますます「スタディサプリEnglish」を続けるモチベーションが高まったのであります。完全に制作者さまの思うツボですね、ハイ(;^ω^)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です